スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.11.10 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    自分の豊かさ

    0




      イタリアに来て、じっくり考える時間があるおかげで、豊かさについて私の中で何かがまとまってきました。



      今から思えば、海外での経験がいつも私に「豊かさとは何か」について考えさせるきっかけを与えてくれていました。外国に行くこと、しかも住むことは、今の自分の価値観に気づいて変化させる大きなきっかけを与えてくれるなあと思います。日本は「周りと同じ」であることや見かけが大切にされる国で、それは私を守ってくれるものでもあるけれど、とても窮屈に感じることが多かったです。日本の外に出るたび、いつもほっとしていました。でもそれは私の経験で、その土地には土地なりのプレッシャーと言うものが少なからず存在する、といろんな土地に行っていろんな国の人と話していくごとに気づいていきました。やっぱり何でも自分次第、自分の思考パターン次第だなあと。



      10代後半で初めてアメリカに行った時、ホームステイしたファミリーが本当に素敵で、特にパパさんが本当に優しくて献身的で、私は彼と出会って生まれて初めて「言葉で想いを伝える大切さ」を学んだ気がします。私が育った家族は、日本の典型的な言葉数が少ない家庭だったからか、アメリカのパパさんと出会ったとき「愛を言葉で表現したらこんな感じなのか」とすごく感動しました。日本の空気を読む文化しか知らなかった私にとっては、ダイレクトに表現してくれるカリフォルニアのパパさんにすごくびっくりしたのでした。こうやって言葉で気持ちを伝えることも、人を幸せにするんだなと実感したのでした。



      そして、20代後半のタイでの経験。あれは大きかったー。それまで日本の生活に没頭してて、ほんとは海外に住みたいって思っていたのに、それを忘れてたんです。そんなときに、超速球でタイが助けに来てくれた、みたいなイメージがあります。そっかー、私って外国が好きだったんだ、ずっと住みたかったんだー、と思い出せました。バンコクで1年間過ごせた経験は、私の豊かさとは何かという概念をとてつもなく大きく拡げてくれました。



      で、その後また日本に帰国してたくさん働いて、気がつけばスケジュール詰め詰めになっていました。私の仕事はヒーリングなので、もちろん自分自身を癒すことがめちゃ大事になるわけです。スケジュール詰め詰め生活が1年半くらい続いたとき、何かがきっかけでハートを開くワークをしました。私のハートは「またこんな生活して!!!ほんとにやりたいことやって!!!」と泣き叫んで来たのです。



      で、、、よくよくハートの話を聞いてみると「お前さんほんとはイギリスに生きたいんちゃうんか」と。学生の頃知り合ったポーランド人と南アフリカ人のカップルがロンドンに暮らし始めたとき、「いつでも来て!!!」とラブコールを何年ももらい続けていたのです。ほんとはずっと行きたいのに行ってへんのとちゃうんか。それでもええんか。と、、、ハートに言われた感じがして、研修でアメリカに1ヶ月間行って帰って来たばかりだったのですが、速攻イギリスのチケットを予約しました。ついでに心惹かれるパリもふわっと行ってみることにしました。



      で、行ってみるともちろん楽しかったのと、なんとイギリスとフランスのどちらの国でも、ヒーリングのセッションを受ける機会に恵まれました。そうしたら、ハートの声がどんどん大きくなり、どれだけこれまで私がハートの声を無視してきたか、どれだけ嫌なことでも我慢してやってきたか、懇々と説教されたのです!!!それもロンドンの地下鉄で。。。ひとり座席にポツンと座りながら、ポロポロ涙を流していました。



      何が言いたいかと言うと、ハートを開かないと、豊かさって何かわかんないよ、ということです。



      私にとって豊かさとは、おそらく、心から好きだと感じる土地で、自分とは違う文化や価値観を持っている人と、刺激を与えあいながら暮らすことなんだと思います。それが私の心の安定。日本に住んで仕事が上手く行っていても、それは私の心の不安定に繋がっているんです。これはきっと時々によって変化していくもので、そのたびに心の声を聞き続けていけばいいのだと思います。



      でも今から思うに、私にとって大変だったのが、幼少期から20代後半まで傷つきすぎて、ハートを閉じてしまっていたということ。そうなってしまうと、心の声も聞こえないし、何がしたいかもわからなくなる。それを助けてくれたのが、外国に行ったことと、数々のヒーリングでした。



      自分の願いを叶えてあげるためには、まず心の声を聞くこと!!!そして、そうなると信じて、ふわっと行動することかなーと思います。しかも、頑張るのではなく、完全にリラックスすること。どうも私は肩に力が入りがちなので、リラックス絶賛取り入れ中です。



      そして面白いのが、自分の心の声を聞いて、これを叶えてあげようと自分で決意しない限り、何も動かないということ。心の声を聞くのは自分しかいない。地球って自由意志バンザイな場所なんで、自分で決めない限り、天使も神様も手を出せないんですよね。



      それをコツコツし続けることで、自分しか出来ない豊かさが生み出されるのではないかなあと思う今日この頃です。






      JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

      イタリアで天使とつながる

      0

        (マリア様に受胎告知する大天使ガブリエル殿。サンマルコ美術館にて)



        イタリアに来てから、なんだか天使と繋がりやすい。フィレンツェは町中に天使の絵やオブジェがいっぱいです。



        日本にいた頃からもちろん天使には興味があって、ずっと本を読んでいたし、シータヒーリングをしてからは話せるようにもなった。イギリスの天使のスピリチュアルリーダーのダイアナクーパーさんの天使の通信講座まで受講したし、こっちに来てからは大天使のオンラインコースまで取りました。



        通信講座では、CDと資料が日本の自宅に送られてきて、ダイアナクーパーさんのスクールで働いているマーガレットさんという人に、日々の課題や質問を送って、天使とのコンタクトを深めていく、というものでした。



        もちろん、天使の存在は信じてるし、話せるし、これまでセッションでたくさんのクライアントさんの守護天使ともコンタクトを取ってきました。セッションでは、守護天使はいつも重要な情報をくれたり、大きな癒しが起こるような言葉をかけてくれるし、私なりにいろいろ経験はしてきたと思います。



        でも、なんかもっと繋がって助けてもらってもいい気がする。。。天使は神の使いだし、創造主の一部だから、契約なしに無条件で繋がれるはず、ということは頭ではわかってる。でも、なんか、天使と私との間にブロックがある気がする。これは何!!!??



        と気づいたのが今年のイタリア出発前。そこでお得意の掘り下げをしてみると、「愛を受け入れるのが下手」な私を発見したのでした。天使どうこうじゃなくて、単に受け取るのが苦手やっただけやーん。と気づいたので、エネルギーをシフトさせて受け取れるように設定し直しました。無条件の愛について理解が深まった、貴重な経験でした。



        そこからです!!!天使と距離が縮まったのは。。。



        そしてイタリアに飛び立って、フィレンツェの空港に到着して、タクシーで学校が手配してくれたアパートに向かったときのこと。どんな感じのアパートに住むのか、住居人は誰か、とか何も聞かされず、出発の2日くらい前に住所が知らされただけだったんです。到着してみると、とっても可愛いアパート。大家さんも同居人も、とってもいい人たちでした。週に一回くらいは大家さんが来て掃除してくれるし、いろんな環境がすっごく良くて可愛くて、一目で気に入りました。嬉しいなあと思っていたら、私の左耳に天使が「もっと良いところあるよ」と言ってきたのです!!!これぞ天使のささやき?!?!その瞬間ハッとして、その後大家さんと契約書を結ぶとき、長期間ではなく3ヶ月間だけの期間をお願いしました。



        さらに「6月になったら探し始めたらいいよ」との天使の声もはっきり聞こえたので、4月と5月は引越しのことは何も考えず、このアパートでの滞在を楽しんで過ごすことにしました。そして今月に入って、なにげなーく見つけたネットのサイトを見ていると、フィレンツェでの住居を募集しているサイトがあって、ほかにも広告があったにもかかわらず、とあるお部屋の広告に目が奪われ、すぐに連絡して見学に行かせてもらうことにしました。



        一番の決め手だったのが、広告に載っている部屋の写真に、昼間フィレンツェのおみやげ屋さんで見ていたマリア様の絵が飾ってあったことでした。友達に「私この絵が好きで、いつか自分の家にこの絵を飾りたい」と話していて、その日の夜、その絵が飾られている広告を見つけたのでした。すごいシンクロに感動しました。



        すぐに連絡を取り、ドキドキしながら数日後見学に行かせてもらったのですが、そこの大家さんもとってもいい人。愛が溢れていて「あなたはもう私の家族だからね」と心から伝えてくれました。新しい家の表通りには、私の好きな洋服屋さん、パン屋さん、スーパー、そしてローカルの市場もあります。学校にも今より大分近くなって、すごく楽になります。そして夕飯も大家さんが作ってくれて、お部屋も綺麗で広くて、値段も今より安い!!!そして、ずっとイタリア料理を習ってみたいなーと思っていたら、大家さんが教えてくれると!!!イタリアのマンマの味を覚えて、それをマクロビ風というか、日本人向けにもうちょっとヘルシーにアレンジ出来るようになりたいなーと考えていたんです。



        引っ越すまでまだ日はあるのですが、早速来週夕食に招待していただきました。これが天使の言ってた「もっと良いところがあるよ」のメッセージかあ、ととっても嬉しくなりました。信じて良かったです。



        そう思うと、これまではエゴとか頭の計算とか社会の常識とか、そっちを優先して、天使の声を後回しにしたり、無視してきたのでは、、、と思います。これからは、もっと仲良くなるぞー!そして、天使の声をまたたくさんの人に届けたいなあという気持ちにもなってきました。なんだかワクワクするんです。天使さん。。。メールで天使のリーディングとか、始めてみようかなと考えています。イタリアは、天使とワークするのに最高の場所だと思います。また詳細をアップするので、良ければご連絡くださいねー!!!








        JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

        言語能力

        0




          フィレンツェでイタリア語の勉強を始めて1ヶ月が過ぎた。経過は、まあまあ。ここで私と言語の関係、そして脳の使い方についてまとめてみたいと思います!!!(興味ある人いるんかな)



          私の脳みそでは、日本語、英語、そして第3言語を扱う場所、それぞれ分かれて存在しているようです。英語を話しているときは、それを頭の中で日本語にすることなく、英語が存在している脳の一部を使って理解しているんだけど、それは映像を処理する脳の部分と関係しているように思えるんです。



          なぜかというと、英語を聞いてるとき、相手の言ってることが映像で見えるから。これは通訳の仕事をしたときに開発された技。ヨガ通訳をしていたのですが、一日中するとやっぱりとっても疲れるんです。そこで何とかもっと楽にならないかな、、、と思いながら通訳していたら、英語を聞くときにその内容が映像で見えるようになって、それをそのまま日本語で解説する、という回路が頭の中に出来上がりました。なんか、神経回路が新たに繋がった感触でした。特にこのトレーニングをしたわけではないけれど、急にふっと開発されて、人間の体ってすごい潜在能力を持ってるんだなと思った一件でした。



          同時に、私はチャネリングと言うか、リーディングする能力をシータヒーリングでかなり積んだので、通訳するときは必ず話し手の意図や背景にしっかり繋がるようコマンドしてから仕事をしてました。そうするとかなり楽です。



          で、こんな風に英語と日本語の架け橋が作られたわけですが、第3言語に関しては脳のまったく別の場所に保存されているのです。



          そして面白いことに、第3言語に関しては、何語を勉強しても脳の同じ場所に格納され、上書きされていくのです。例えば、今はイタリア語勉強していますが、イタリア語で単語を思い出そうとすると、時々タイ語がふっと出てきます。4年くらい前にタイに住んで生活のためにタイ語の基礎講座を取っていて、その時に使っていた単語が出てくるんです。もっと言うなら、タイ語の前はトルコ語を結構しっかり学んでいたので、タイ語を勉強していたときは、トルコ語が出てきて大変でした。ここはタイやっちゅーねん。ちなみにもうトルコ語もタイ語もまったく話せません。



          その時に気付いたのが、あぁ第3言語は脳の同じ場所に格納・上書きされているんだなと。



          今はイタリアでイタリア語を学んでいるのですが、イタリア語の文法は英語と似ているので(イタリア語の方がだいぶ複雑ですが)、イタリア語を話すときは、まず言いたいことを頭の中で英語にしてから、イタリア語へと変換しています。だから私のイタリア語はまだかなり英語に寄りかかっています。イタリア語の割合が、私の脳の中でもっと大きく成長していって、英語から独立して欲しいなー、と思いつつ練習しているのですが、この回路がまだ出来上がってなくて、時々頭がショートしそうになります。特に今日は、イタリア語のクラスで日本や世界の政治について議論させられ、頭がパンクしそうになり、途中で英語とイタリア語がごちゃ混ぜになりかけました。


          でも、もしイタリア語が入っている脳の部分が順調に成長して独立したら、英語と日本語とイタリア語を自由に操れるようになって、得意分野だったら「英⇄伊」で通訳出来るのでは、、、となかなかマニアックなことを考えています。早くこの回路が出来上がらないかなあ。



          ま、とにもかくにもやっぱり言語がめっちゃ好きなんです私。双子座だからかしら。



          ちなみにですが、英語に関しては現在、同じ学校で同じアパートに住む、スコットランド人とハーフのノルウェー人の女の子と仲良くしていて、彼女がイギリス英語を早口でバリバリ話すので、英語の脳の部分も鍛えられています。年齢は一回りも年下だけど、なぜかすごく気が合って、お互いの文化や身の上話、イタリアのことををたくさん話しています。



          英語を使って、私自身の経験や、これまで当たり前に感じてきた日本文化について説明すると、私の潜在意識にピカーーーっと光が入ったように、脳神経か何かが刺激されているのがわかります。いつもとは違う脳の部分を使って日本について説明することは、私にとってとっても良いことのようです。いろんなことがクリアになるし、日本の政治や教育、歴史を私の視点で解説するのがめちゃめちゃ楽しい。調子に乗って話していると、感情がヒートアップしてきて、意外なところに根深い憤りを持っている自分も発見したりします。すごい。これシータヒーリングでセルフワークするの楽しみ。ひひひ。



          また、今はイタリア語の学習をしているので、比較対象が出来たこともあって、私の脳が「イタリア語よりも英語は簡単」と思い込んでくれて、どんどん英語が上手くなる、というサイクルに入っています。何より英語を話すの楽しい。



          今は生活はほとんど英語でしているけれど、夏以降はイタリア人と暮らすことになったので、これから私のイタリア語の脳が発達するようトレーニングしていきます!!!


          でも、西洋の言葉を西洋人に話すことって、日本人にとっては大きな壁があるんです。それはまた次回以降に。。。(たぶん)



          いやあ、言語は楽しいねえ。もし共感してくれたら、put your hands up!!!!! 







           
          JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

          フィレンツェからの贈り物

          0




            フィレンツェの街並み、家、大きな窓と扉、夕暮れ、川、鳥の声、バラの香り、石畳、大きな公園、自然と調和した街の設計。


            きっと何百年も前から変わらない風景。


            朝も、昼も、夕方も、夜も、本当に美しい。


            ここにいると不思議と心から、体の芯から満たされた気持ちになる。


            本当に好き。


            毎日の生活の中で、私は一人の人として生きていて、感情は繊細に揺れるし、体も疲れる。


            でも、美しい街並みに支えられ、救われている。


            私はこれまでたくさんの感情を見逃して生きてきたと思う。


            ネガティヴな感情をないものにしたり、蓋をしたり、否定してきた部分があったと思う。


            無意識のうちにそんな自分を演じていたから、きっとこれまでたくさんの人に「カナさんはすべてが上手くいって、いいですよね。でも私は違うんです」と、おそらく数百回くらい人に言われてきた。そのたびに、「この人私のことぜんぜんわかってない!!!」と毎回心の中で叫んでた。


            だから、私の気持ちや話を無視して、私にとってはつまらない話を続ける人と出会い続けていたし、そんな人との関係も続かないんだなと思った。


            それは、私が自分自身との関係の持ち方を知らなかったからだと思う。


            自分で自分の気持ちをないがしろにしていたから、外側の世界からもないがしろにされていた。


            何をされても平気な自分を演じ、何度も裏切られる行為を経験したけれど、それは自分が自分を裏切り続けていた、本音を無視していたからだと思う。


            まずは自分自身と仲良くならないと、他人とは繋がれないんだなとひしひし感じた。


            でも今フィレンツェに来て、自分のネガティヴな感情と体感覚と繋がり直してみると、


            この人は私を支えてくれる、と辛うじて信じていた人もいなくなって、すっきりほっとした。


            だって、ほんとはぜんぜん一緒にいたくなかったから。これが本音。


            それよりも誰よりも、とっても傷つきやすい小さな自分を発見して、


            ようやく等身大の自分と向き合えるようになってきたな、と思えるようになったことが、イタリアでの小さくて大きな一歩です。


            こっちに来て、これまで私ってどんだけネガティヴで根暗な部分があって、それをどれだけ蓋して生きてきたんだろ、とビックリしました。フィレンツェという街のおかげでそのことに気付けて、受け入れられるようになってきたかな。そうすると、無理矢理じゃない穏やかな大きな幸福感が、少しずつですが心の基盤となり始めました。まるで、毎日歩いてるフィレンツェの大きな石畳のように。今はそれを育てているところです。これまでの人生でそれを築けなかったのは、きっと安心安全を感じられない環境にずっといたからなんだろうな。


            今はせっかくこんなに美しい場所にサポートしてもらっているのだから、


            一つ一つの感情を、まるで細胞が自然呼吸するかのように、体いっぱいで感じて、受け入れ、認めていくこと。


            そうすることが、もうすぐやってくる34回目の私の最高の誕生日プレゼントになりそうです。

             

            今さらながら、スピリチュアル

            0



              近年、日本や世界中で「スピリチュアル」というものが流行っていて、おそらく私は公私ともにそのど真ん中の世界にいたにもかかわらず、自分がスピリチュアルなのかなんなのか、ほとんど考えたことがありませんでした。時々、セミナーやセッションで「これってスピリチュアルっぽいですよねー」と言って、クライアントさんや受講生さんによく笑われていました。



              「スピリチュアル」の世界で一番話題となってるトピックは、おそらく「悟り」についてだと思います。英語では、enlightenment。これは名詞で、動詞では、enlighten。ピカーンと光り輝くマスターが、叡智を多くの人に伝える、、、というイメージが私の中にあります。欧米のスピリチュアルリーダーは、その著書の中で必ずと言っていいほど、この単語を使って「悟り」について語っています。



              私は、今の今まで「悟り」について、あまりよく知りませんでした。確かにこれまで周りに「悟りたい」と言っている方々と出逢ってきたけれど、なんとなくピンと来なくてそっとしておいたトピックです。ここフィレンツェに来て、ゆっくり時間ができて、再び欧米のスピリチュアルリーダーたちの本を読み始めたところです。ディーパックチョプラの本を今読んでいるんですが、やはりわかりやすいですね!!ワクワクします。



              私は21歳くらいの頃に、「スピリチュアル」で言うところの(?)、「ツインソウル」みたいな人に生まれて初めて出逢って、それがものすごく大きなインパクトを私の人生に与えてくれました。脳天がぱっかーーーーーんんんと空いて、不思議なことに、そこからはっきりと過去世が見えたり、宇宙からの情報をキャッチしたり、それまではあまり感じなかった世界を敏感に感じ取っていくようになりました。



              でも何が一番大事だったかと言うと、直感力が増して物事の決断に確信できるようになったことかな。



              それと同時に、この世界で、というか、日本社会で何かやるべきことがあるような気がして、25歳くらいまですごく模索していたように思います。と同時に、世界にも出て行きたかったし、そのツインソウルは海外に住んでいて世界情勢について非常にユニークな点から研究していたので、彼のおかげで一気に見聞が広がったのでした。いつか私も海外に出ていける、、、と希望見せてくれたからこそ、日本で頑張れたのかなと思います。



              この10年間私にインスピレーションを与え続けてくれた人たちは、こちらの方々。ほんと感謝しています。



              ダイアナクーパー、ディーパックチョプラ、ドリーンヴァーチュ、ヴァイアナスタイバル、ニールドナルドウォルシュ、ブライアンワイス、カイルグレイ、バーバラブレナン、ブレンダデーヴィス、ルイーズヘイ、そしてOSHO。



              自分のこれまでの実体験と直感を一番頼りにしつつ、西洋のスピリチュアルリーダーの見聞を拝見させていただきながら、「スピリチュアル」って私にとってこういうことかな、とようやく理解し始めたことがあるので、チラッとこちらでまとめておこうかなーーーー。



              と思ったけど、長くなりそうなので、この続きは次回以降に気が向いたら書くことにします!!!!!



               

              文化の違いから学ぶ

              0




                フィレンツェに引っ越してきて、語学学校に通いながらシェアアパートに住んでいることもあり、いろんな国の人と知り合いになっている。



                同じアパートには、ノルウェー人とオランダ人。学校では、日本人、フランス人、アメリカ人、ドイツ人など。先生はもちろんイタリア人。年齢は、20代前半から60歳を越えた方までで、さまざま。バックグラウンドの違う人たちが、同じイタリア好きというだけで集まってクラスを受けているって、とっても素敵なことだな、と思う。




                思うにイタリアは日本と真反対のところがたくさんある。私が個人的に今一番感じているのが、罪悪感と恥の文化がない、ということかな。これが私の求めるほんとの「ポジティブ」って感じがしている。もちろん個人差や大なり小なりはあるけれど、みんな自分の感情や意見に忠実で、自分軸がしっかりしてるなあと思う。イタリアに限らず外国にいるとよく気づく。ああ私って日本で人の目を気にして生きてるんだなと。西洋だと、人は人、自分は自分。一般的に、恥や罪悪感の文化はないよ、と聞く。




                私が西洋文化が好きで、今すごく欲しているのはそれなんだと思う。今でも、どうしても西洋人に憧れの目を向ける自分がいる。もういろいろ経験して、たとえどんな国籍や違う文化の人でも、合う人とは合うし、合わない人とは合わないとわかってるはずなのに。でも、彼らの文化からどうしても学びたい、知りたいことがあるみたい。




                日本や日本文化は本当に好きだけれど、私の中に根付いているこの罪悪感と恥の文化を丁寧に見て、受け入れて、理解して、昇華していきたいと思う。それをするにイタリアはうってつけの場所だと思う。




                それが、私のイタリア滞在の隠れた目標でもあります☆ 自分に乞うご期待、です。





                JUGEMテーマ:日々のくらし

                イタリアに助けられる

                0
                   


                  フィレンツェに到着してこれまでの1ヶ月間、ひたすら自分との繋がりを取り戻しておりました。



                  人のためだけに生きることを辞める
                  一緒にいたくない人と一緒にいない
                  やりたくないことはやらない
                  嫌いな人を無理に好きになろうとしない
                  相手に合わせない
                  相手にしてあげたいと思うことを自分にしてあげる、自分を後回しにしない
                  世間体や義務感だけを気にして家族を大切にしようとしない
                  こういった気持ち、自分の本音を押し殺して人の役に立とうとしない、人生の選択をしない



                  このへんをワークしておりました。典型的な日本人の無意識の集合意識かもしれないですね。典型的なただのいい子ちゃんです。



                  さて、ここから思い切りポジティブな方、完全に自分に正直になるように方向転換しようと思ったら、どんな気持ちが湧いてくると思います?それは、罪悪感です。もちろん、今は素敵な街にいるのだから、その気持ちをゴマかして過ごすことも出来たのですが、ここでほんとにしっかりとほんとの自分の気持ちに気づいていけるように、そして、そこに根付いていけるように、しっかりワークすることにしました。そうじゃないと、どの国にいても、どんなに好きなことをしていても、どんなに大好きな人と一緒にいても、どれだけ環境の変化を促しても結局同じこと繰り返すと思うんです。





                  これまで学んだテクニックを使うのはもちろんのこと、もう一つ底上げが欲しいな、、、と思って使ったのは、ダイアナクーパーの大天使のオンラインコース。


                  http://www.dianacooper.com/online-courses/meet-the-archangels/
                  (英語のみ)


                  思うに、イタリアは天使と繋がりやすい国なのです、私にとって。天使という存在はもちろんこれまでも知っていたけれど、さらに繋がって一緒にワークを手伝ってもらうべく、このオンラインコースを受講しました。



                  内容は、ビデオを通して、ダイアナクーパーが7人の大天使のエネルギーと、私のオーラフィールドやチャクラと繋げてくれるというもの。七日間、毎日1人ずつのビデオが送られてきました。何回でもいつでも再生することが出来ます。



                  不思議だったのが、毎日大天使と繋がるたびに、変化が起こったということ。寝る前にそのビデオを見て、朝起きてアルノ川を見ながら歩いていると、前日のテーマに沿った感情や古い記憶がわっと蘇って、そして手放していく、という癒しが起きていきました。七日間が終わってもそれが続き、ひとつひとつ丁寧に向き合っていくと、1ヶ月前とはまったく違うメンタリティに今なりました。おかげでほぼ毎日アルノ川を見ながら、しくしく泣いていましたよ!



                  まだ罪悪感は上がってくるけれど、回数と量が減ったし、相手に合わせようとする感じもだいぶなくなってきました。基本的に人が好きだし、どんな人でも素敵っていうのもわかるし、出来ることはしてあげたいっていう思いもすごく強くあるのですが、これ以上それをすると私自身が擦り切れていくので、完全に辞めることにしました。もうそれは充分経験したから。この2年間は実際擦り切れすぎていたと思います。でも、こんな風に擦り切れて疲れ果てて、そして好きな方向へしっかり移行するということ。これ、私の魂がめっちゃ経験したかったのだな、とも思います。めっちゃ人間らしくて、そんな風に生きてる自分を誇らしく思うし、魂が選ぶ道のど真ん中を歩けているな、と思います。結局いつも自分がしたいことが100パーセント叶い続けているんだな、と改めて思いました。それに気付けた自分が嬉しいし、あとは自分の感情ひとつひとつと丁寧に向き合っていこうと思ってます。



                  でもきっとそうするためにはコツがあって、そのためには、



                  美しいものを見て触れること



                  が大切なんだと思います。フィレンツェは私にとって、ほんとに美しいものだらけで、何気ない街並みを見ているだけで心が震えて感動します。街角の石像、美術館の絵画、公園、築400年にもなるであろう建物の扉や窓のひとつひとつ、、、それだけでハッピーな気持ちになります。昔から歴史のある場所が好きで、世界遺産の街にも訪れたりしながら、イタリアに本当に助けられています。



                  さて今から2ヶ月目です。どんな風になるか、本当に楽しみです。










                  JUGEMテーマ:日々のくらし

                  イタリア語、習得中。

                  0




                    フィレンツェでは、語学学校に通ってイタリア語とイタリア文化について学んでいます。一言で言ったら、、、めちゃめちゃ楽しい!!学校にすごく恵まれたなあと感じています。そして、私は純粋に語学が好きなんだなと思いました。言語って、その国の文化や歴史的背景、そしてその人個人を形成しているもので、言葉を通して相手のことを知ったり、文化や政治情勢、歴史、その国そのものを知ることが本当に楽しいです。


                    よく英語を学ぶときに言われるのが、「言語はツールでしかない。それを使って何をしたいか考えろ」ということですが、今から思えばその言葉はちょっと冷たい。だって私はただ純粋に、語学が好きなんだもの。好きを追求してどんどん繋がっていったところに、私の歴史がある。


                    中学一年生で英語を始めて、とにかく英語が好きで好きで、その気持ちを一番大切にしていたら、アメリカ生まれのセラピーやヒーリングをいろんな国で身につけることに英語が役立って、その中でさらに英語も磨かれていった。そしてその先でイタリアが大好きだとわかった。中学一年生の私は、セラピストやヒーラーになるなんて想像できなかったし、イタリアなんてまったくの無知。でも直感で、英語を身につけた後に第三言語をじっくり学びたいという思いがいつもありました。やっぱり信じるべきものは、ハートの声と直感かな。


                    社会や他人の声や期待に沿って人生を創ったりもしたけれど、それでは幸せになれないことがわかった。周囲が期待する社会的成功と本人が感じる幸福には何ら関係がないと思う。要は、ハートを開いてハートの声を聞いて生きているか。ハートの声や直感は、しばしば現実的でないし、非効率的な上にふわふわしてる。そして一見リスクも高そう。でも、一番幸せを感じることが出来ると思う。そしてハートの真ん中に感謝の気持ちが湧いてきて、穏やかで幸せに満たされる。


                    そしてこれが、今ここを生きるということなんだな、と実感しています。もしこれがずっと続いたら、私の人生はどうなるんだろう。


                    私にとって言語習得は瞑想してるみたいに気持ちいい。


                    そして今それに集中できて、大好きな土地にいられることが本当に嬉しい。


                    この感覚、大切にしたいな。






                    JUGEMテーマ:日々のくらし

                    フィレンツェの日々

                    0

                      イタリアのフィレンツェでの生活が始まって、1ヶ月が経ちました。

                      こちらでの生活はいたってシンプル。

                      平日は朝の9時から13時まで語学学校に通い、午後はのんびり過ごし、週末になったら電車に乗って小旅行に出かけたり、フィレンツェの街を探索しています。

                      住居は、学校紹介のシェアアパートに、ハタチくらいのオランダ人とノルウェー人の3人で暮らしています。

                      学校まで徒歩で30分くらいかかりますが、ドゥオーモといったフィレンツェの美しい街並みを眺めながら、アルノ川沿いを毎日ゆっくり歩くのが日課になっています。

                      フィレンツェは今観光客がものすごく多く賑やかですが、私の心は穏やかで、のんびりとした日常を過ごしています。



                      まるで、フィレンツェの日常が私の細胞ひとつひとつに栄養を与えてくれているみたい。



                      これから少しずつフィレンツェの日々をお伝えしていきますね。




                       
                      JUGEMテーマ:日々のくらし






                       

                      最高最善

                      0

                        イタリアに向けて出発しました。いろーんな想いが巡ってきていて、そこで気づいたことがあるのでここにまとめて書いてみようと思います。

                        最近気づいた私の大きなクセとして、物事をコントロールしたがる傾向があるなあと。これはおそらく社会人としての経験で植え付けられたのだと思います。ミスを犯してはいけない。確実に任務を遂行しなければならない。これはとってもいい経験で、得たことは多かったのですが、これが日常までに及んでしまうと、自分や大切な人の行動を監視してしまったりして、楽しいことも100パーセント楽しめなくなってしまっていました。

                        でも、私は社会人としてだけでなく、セラピストとしてもニョキニョキと成長した時期があって、セラピストやヒーラーとして働くとき、徹底的に貫いていることがあります。

                        それは、コントロールを手放すこと。ヒーリングのセッションでクライアントさんがこうなればいいな、という意図を持ちつつ、意図を手放していること。上手くやろうとする努力をしないこと。いつも天と地と繋がっていること。形のない形を持つこと。

                        この姿勢を徹底すると、セッションの最中に起こるべきことが起こります。シータヒーリングのセッションの場合をしていて本当に面白いのは、創造の源のエネルギーからのエネルギーが降りてくるのはもちろんのこと、6層から音の法則がやってきて細胞を振動させ体を癒したり、5層からマスターがやってきてもう終わった人との繋がりのエネルギーを取り払ってくれたり、4層から先祖がやってきてメッセージをくれたり、、、様々なことが起こります。

                        すべて、私が呼んだから来てくれたのではありません。セッションが始まる前に「このセッションが最高最善になるよう」祈りを捧げると、見えるべきものが見え、起こるべきことが起こり、やってくるべき存在がしかるところからやって来てくれます。

                        セミナーを開催していても同じです。私のセミナーは、たとえ何度同じクラスを受講しても、同じカリキュラムを届けていても、同じクラスは一つとしてありません。それは、そのときの宇宙の流れと、参加された受講生さんの潜在意識から出来る集合意識を読み取り、創造の源のエネルギーが良きに計らってくれるようなクラスを進めていたからです。

                        それも、その瞬間の「最高最善」を祈っていたから。するとクラスが流れるべきところに流れていき、受講生さんの潜在意識、人生そのものに必要な変化をもたらします。

                        で、、、これが自分の人生に応用できていたかと言うと、、、日常レベルではノーでした。セッションとセミナーで夢中になっていて、人生の大きな方向転換以外には、この感覚を用いていないことに気づいたのでした。

                        私はセッションをしているときが一番好きで、そのときの私はいつもリラックスしていて、完全に流れを信頼していて、すごく幸せなんです。これを日常レベルまでにいつも落とし込めたら、どれだけ素敵な人生を送れることか、、、、、ということに、乗り継ぎの空港で気づいたのでした。

                        なぜかというと、イタリアは何が起こるかわからない国。日本のようにすべてがスムーズにコントロールされてないんです。だからと言って、無秩序でもない。独特の流れがある国、という印象です。そんな国で生活しようと思ったら、流れに身をまかせる、すべては上手く行く、と信じ切っていないと、不必要にイライラしちゃいます。なので、セッションのときみたいに、最高最善を完全に信頼して、ゆったり過ごすことに決めました。

                        普通に考えても、コントロールを手放して安心して委ねていた方が、助けてくれる人が現れたり、必要な情報が自然と入ってきたり、なんとなくの閃きが起こりやすくて、それが意外と重要なことだと後で分かったり。いいことづくしです。

                        ローマではローマ人に従え、と言いますもんね。そんな風に過ごしてみようと思います。



                        JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング


                        calendar

                        S M T W T F S
                              1
                        2345678
                        9101112131415
                        16171819202122
                        23242526272829
                        30      
                        << April 2017 >>
                        FX初心者の入門講座

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        • イタリアで天使とつながる
                          Kana
                        • イタリアで天使とつながる
                          Yuki
                        • 京都な一日
                          Kana
                        • 京都な一日
                          やよい
                        • 【モニター募集】友人のクリスタル・リモート・ビューイングのセッションを受けてきました。
                          Kana
                        • 【モニター募集】友人のクリスタル・リモート・ビューイングのセッションを受けてきました。
                          やよい
                        • 【モニター募集】友人のクリスタル・リモート・ビューイングのセッションを受けてきました。
                          Kana
                        • 【モニター募集】友人のクリスタル・リモート・ビューイングのセッションを受けてきました。
                          やよい
                        • 今年食べて美味しかったもの特集〜バンコク・ホーチミン・沖縄・大阪・神戸〜
                          初めての株
                        • 天職
                          Kana

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        PR